2019年10月24日木曜日

Step9 帰ってきたら

<災害ボランティア活動後の心のケアについて>


 帰路、行きと同様事故に注意して気をつけて帰って頂きたいですが、その際に知っておいて頂きたい言葉があります。それは「惨事ストレス」です。

『惨事ストレス』とは

 災害現場のような非日常的な場所でボランティア活動すると、あなたの心やからだに様々な変化(ストレス反応)が起こることがあります。それらの反応は、直接災害に関わった時だけでなく、被災された方から間接的に様々な災害体験を聞くことによっても生じることがあります。
 変化のあらわれ方や強さは人によって異なりますが、これらの変化は傷ついた心やからだを回復しようとする時に【誰にでも起こる】心の正常な反応で、「惨事ストレス」と呼ばれます。
 具体的には、以下のような症状が生じることがあります。

A)   被災地での記憶が生々しく蘇る
B)   被災地での活動に後悔が残り、心が重い
C)   何となく不安を感じて落ち着かない。心が沈む
D)  のんびりと日常生活を送っていて良いのかという焦燥感に駆られる
E)   不眠や頭痛、肩こり、めまいなどからだの不調がでたり、
疲れやすく集中できなくなったりする
F)    周囲のひとや周りの環境にイライラする
G)   被災地でのことを話せなくなる          etc.

 これらの「惨事ストレス」に対し、以下のような行動がストレスを軽減します。
1)休養と休息をしっかり取る
2)家族や恋人、親友など親しい人と共にすごす
3)いっしょに活動した仲間と活動を振り返る

 「惨事ストレス」は時間と共に解消されますが、症状が長く続き普段の生活や仕事、学業に
支障を来すような場合はカウンセリングや専門家の力を借りて解消することもできます。

〇三重県
  こころの傾聴テレフォン 電話 059-223-5237059-223-5238
平日10:0016:00 *祝日・年末年始を除く
NPO法人日本ファーストエイドソサェティ
  メール相談 E-mail kokoro@jfas.jp (お返事に若干時間がかかることがあります)


<現地の様子を周りの人に伝えよう>

現地での活動はどうだったか?
 どんな話を聞いたか?
 次に行く人に伝えておきたいアドバイスはありますか?

 そんな話をぜひみえ災害ボランティア支援センターに教えてください。
 活動紹介や現地の様子を投稿したFacebookやTwitter、Instagramなどのリンクをご連絡頂ければ、他の方にシェアさせて頂きます。(投稿の公開範囲の設定にご注意くださいね)
 連絡はこちら↓
 Facebookメッセンジャー(外部リンク)
 Twitter(外部リンク)
 mvsc.jimukyoku@gmail.com(メールアプリが立ち上がります)

Step8 に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿

災害時用の電話番号を解約します

台風19号災害支援のために立ち上げたみえ災害ボランティア支援センターですが、2019年中に実動を終了し現在報告書の作成中です。 それらに伴い、災害時用に設置した電話番号を2/10をもって解約しますのでお知らせします。 (解約する電話番号) 070-4088-0099  み...